不定期、今日の一言。        「ずっと夢を見て安心してた♪合掌。」


by cyanosis
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

比律賓の思い出3

既に飽きてきたなんて誰も思っていません。

楽しい楽しい写真de思い出、第3弾。

今夜は建物探訪編。

もうネタ切れ感が否めませんが知りません。

ここまできたら最後までやりきります。

d0018753_2119409.jpg

民家ですね。
この一帯の家はだいたいこんな感じでした。
正直貧しさを感じざるを得ませんし実際そうだと思います。
しかし、不思議なことに悲壮感はまったく感じませんでした。
理由はわかりませんが多分会う人みんながとてもいい笑顔だったから。
昼間から働いているんだかなんだかわからん人々がいっぱい。
経済勉強してる立場でこういう場所を見てしまうと
幸せな気分になる反面、複雑な気分にもなります。


d0018753_21312247.jpg

小学校。
おそらく英語とかもここで学ぶんだろうねぇ。
ご覧のとおりプレハブですが図書館と書かれた場所もあり、規模もなかなか。
子供達に手を振ったらめっさ振り返してくれました。
制服も可愛らしいです。


d0018753_21353024.jpg

商店。
かなり品揃えが豊富です。
観光地でよくあるしつこい客引きも皆無。
土産用のお菓子もこうしたお店で調達しました。
というかほとんどこんなお店しかありません。


d0018753_21374121.jpg

今度は品揃えがやけにしょぼいお店。
準備中でしょうか。
なんか警戒されてる?


d0018753_2140554.jpg

一番のメインストリートの一角。
上の2つに比べるとかなり小奇麗な感じです。
いい感じの構図だなーと思って撮ったら光が…
写真上手になりたい。


とまぁ今回は非常に地味なまとめになってしまいました。
読んでいる方ももう確実に飽きているでしょうが残念なことに続きます。

次回こそ心洗われるBoys&Girls編をお届けします。
[PR]
by cyanosis | 2008-04-13 21:48