不定期、今日の一言。        「ずっと夢を見て安心してた♪合掌。」


by cyanosis
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2006年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

OCTAVERS

昨日、予告通り中学の方達とプチ同窓会をしました。
一浪の奴はちょうど合格も決まったとこというわけでそのお祝いも兼ねて。
かなり久しぶりに会う人もいて話が弾む弾む、ぽんぽんと。

でもあれだね、もう働いてる人もいれば、専門行ってるやつ、
大学行ってるのもいれば今年から大学1年、ってのもいるし
すっごく大人っぽくなって綺麗になった娘とか
中学の時から考えられんくらいイケメンになってるやつとかその逆とか
結構修羅場を経験したらしい人とか
いつのまにかカップルになってた二人とか(結婚式呼べよ!)いろいろだけど、

ほんとみんな変わってないね。
それがとてもうれしくて随分とはしゃいでしまいましたよ。
甘酸っぱいものもあったしねぇ。

ちょっとドラマチックなこともあったのだけどそれはまた別の話…
[PR]
by cyanosis | 2006-02-27 00:35

活字の日再び

ってわけでまた雑文が続きますよ。
考えたら俺って読書感想文とか苦手だったなぁ…

戻り川心中を読了。
久しぶりに「こりゃすげぇわ。」って作品を読みました。
大正から昭和初期を時代背景としたミステリ短編集。
ひとつひとつの話に繋がりはないのだが、それぞれの話が花にまつわるという特徴が。
そしてもうひとつ、ミステリとして見るとフーダニット(誰が殺したか)ではなく
ホワイダニット(なぜ殺したか)に重点が置かれているということも特徴にあげられます。
まずこれが素晴らしく秀逸。奇想、奇想、また奇想。
恥ずかしながらだまされっぱなしでため息つきまくりでした。
で、これだけならただのレベルの高いミステリなのですがこの本はそれに留まりません。
このミステリの要素が小説の要素とからみ、なんともいえない味わいに。
ミステリでありながら恋愛小説?純文学?
そして文章もなんともいえず繊細で耽美。
ミステリとしてのベストはやっぱり表題作かな。「戻り川心中」ってタイトルもすごいよ。
あとは「桔梗の宿」もよい。これは泣ける…
久々に自信を持って人に薦められる作品でした。
読めば?読むといいよ。


結構ヘビーなのを読んだのでお次はさらっと読めそうだった
陽気なギャングが地球を回す」を読了。
映画化されるというのでなんとなく読んでみました。
今さら初伊坂氏でしたがとても面白く読めました。
それぞれかわった特技を持つ4人が協力して銀行強盗を企てる…
と書いてもこの話の面白さは伝わらないか。
文章がすっごい軽妙でスピーディー。めちゃくちゃ読みやすい。
ぶっちゃけ「謎」の部分はほとんど読めちゃって驚きはなかったのだけど
それより4人のやりとりやすらすら進む展開が楽しい楽しい。
映像化するとなかなかいい感じかも!ってことで映画の方もちっと期待。


明日は中学のプチクラス会に行ってこます。
[PR]
by cyanosis | 2006-02-24 23:36 | 音 読

活字の日

ここ2,3日、「毎夜一冊」を心がけて寝る前に本を一冊読んでました。

以下、適当な感想


さぁ、気ちがいになりなさい フレドリック・ブラウン
記念すべき今年第一冊目からこのタイトル。突っ走りますよ。
それはともかく上質な短編集。翻訳が星新一だって。
ホラーだったりSFだったりエグかったりかわいらしい話だったり。
いわゆる「意外な結末」な話なのですがひねり方が壮絶にすごい。
物語にすごい引き込まれるというか読み出したら止まらないです。
お気に入りは「沈黙と叫び」と表題作。
前者は「誰もいないところで木が倒れた時、音は存在したか」
という議論から始まるサスペンス。
後者は普段正常なふりをしてる精神病患者が「精神病患者のふりをする正常者」
にならなくちゃいけなくなり、あれ?俺は正常?異常?って話。


キス・キス ロアルド・ダール
チョコレート工場が去年話題になったダールであります。こちらも短編集。
とにかくブラックというか毒がきいてるというか。そしてそれが小気味良い。
ってか驚いたのはこの中の「女主人」って話、なんか読んだことあるなって思ったら
高校の教科書に原文が載ってたのを読んでました。
なぜこんな怖い話が教科書に…と思ったのを覚えてる。
お気に入りは…難しいですが
女は怖い!な「天国への登り道」、こういうの大好き「牧師の楽しみ」、
感動できるか!な「誕生と破局」で。あなたに似た人もおすすめよ。

以上、翻訳文コンプレックスを解消させてくれた2冊でした。
なんか古典週間みたいな感じだ。

そして今読み途中なのがこれまた古い、
戻り川心中 という本なんですが、これすごい。
最後まで読んだら泣くかもしれん。でもミステリ。
さぁ、これから読むぞっと。
[PR]
by cyanosis | 2006-02-21 22:52 | 音 読

人生に乾杯を!

突然ですが昔よく食べましたね、これ。

d0018753_21461459.jpg


プチプチ占い

単なるチョコなんですけど一個一個に項目があってチョコを取り出すと
その下に占いの結果として◎、○、△、×が書いてあるわけです。

気になる項目は

おしゃべり にんき おけいこ あそび けんこう スポーツ

ともだち しゅくだい おこづかい れんあい テスト おかいもの

デート ねがいごと りょこう けっこん なやみごと みらい


というラインナップになっているのですがこれは秀逸。
年頃のぼっちゃんお嬢ちゃんの世界なんてこれだけで
完全にカバーできるのではないでしょうか。
ってか今の俺の人生もこれで全てという感じです(あと「しごと」とかあれば)

ちなみに俺が食べた結果は順番に
◎   ○   ◎   ○   ○   △

◎   ○   △   ○   ○   ○

×   ◎   ×   ○   ○   ○  でした。

ふむ、おしゃべり・おけいこ・ともだち・ねがいごとがよいのだな。
他はともかくおけいこなんてしてないけどなぁ。
あ!でもデートとりょこうがよくないのか…
どっちも近く予定されてることだしリアルに嫌だなぁ。



と、占いに一喜一憂するのもまた一興。

皆さんもどうぞ、プチプチ占い。30円で人生占えますよ。
[PR]
by cyanosis | 2006-02-20 22:12

凡庸

思うままに最近のことを長々と書いていのですが
冷静になって読み返すと恐ろしくこっぱずかしい内容だったので消去。
こんなのとても人様に見せられたもんじゃない。

皆さんは最近どうですか?
調子なんて気の持ちようでどうにでもなるもんです。
俺は好きな服着て好きな音楽聴いて軽く小躍りすりゃ
たいていの嫌なことややっかいなことはやっつけられます。そんなもん。

さぁ、明日からばんばん働くわい。
[PR]
by cyanosis | 2006-02-17 23:14

僕の髪が肩までのびて~

前回までのあらすじ
好きでもないやつにいきなり結婚を申し込まれたと涙ながらに語る彼女。

それを聞いて爆笑するショックを受け、真剣に事情を聞く男。

しかし男には

この話をどうやってブログのネタにしようか。

ということしか頭になかった。

~~~~~~~~



というわけで始まりました。やつの結婚というスキャンダラスな話。
いやぁ~最初聞いた時はほんとびっくりしました。
やっぱスピーチとかしなきゃいかんのかな、とか考えるじゃないですか、やっぱ。

とりあえず話をわかりやすくするために
彼女を少女A、相手の男をハマショーと呼ぶことにします。
なぜ男の名がハマショーかというとミクシィでも書いたのですが
彼は少し前に少女Aに突然浜田省吾のベスト盤をあげてるんですね。
とってもファンシーです。
ちなみに気持ち悪いとの理由でそのCDは俺が少女Aから頂きました。
「ラストショー」とか「星の指輪」とかいいね♪

閑話休題。それでは内容へと。
まず二人は同じバイトで働いているという関係でした。
ハマショーは少女Aにかなりお熱だったようで最近では
少女Aに現金を渡して
「これあげるから俺にチョコちょうだい。」
と懇願していたようです。Aは切実にキモがっていました。

そしてバレンタインデイの一日前、少女Aが一人で仕事場にいたところ
ふいにハマショーがやってきてAに接近してきました。
少女Aは内心「嫌だな・・」と思いつつ
「どうしたんですか?」とハマショーにたずねました。

するとハマショーは
「ねぇ、俺の気持ち気づいてるんでしょ?」
などとせまってきました。
「俺も歳が歳だし・・そろそろ結婚も考えないといけないんだよ。」と。

あ、言ってませんでしたがハマショーは三十路こえてます。
その後も彼は「頼むよ」「Aちゃんしかいないんだよ。」
などとたたみかけるような連続攻撃を。
それまではのらりくらりとかわしてきた少女Aでしたがさすがにまずいと思ったのか
今回ははっきりと断り、逃げていったそうです。
バイトの店長にも相談し、これ以上また付きまとってきたらクビにするという
ありがたいお言葉が。
ひとまずは安心だということ。

俺はこの話を聞いてもすぐには信じられませんでした。
本当にそんなファンシーな男がいたのかということもですし
少女Aが人間の男性にそこまで求愛されるということもです。
それを言ったら携帯で殴られました。
以上。異常。



僕の髪が肩までのびて君と同じになったら
約束どおり町の教会で結婚しようよ            ♪結婚しようよ  吉田拓郎

じれったい じれったい 結婚するとかしないとか
じれったい じれったい そんなのどうでもいいわ   ♪少女A  中森明菜
[PR]
by cyanosis | 2006-02-15 23:02 |

バレンタイン・キッス

今日の収穫:母親から一つ。以上。


いや、別に気にしてませんよ。全然…


まぁそれはいいとして今日は爆笑ニュースが一つ。

なんと……










彼女さん、結婚を申し込まれたらしいです。

大爆笑。

詳細は気が向いたら。
[PR]
by cyanosis | 2006-02-14 23:06 |

久しぶりっちーにこーる

・バイトの前に図書館に行っておもむろに本を
15冊ほど借りてきた。
明日は引きこもって読みふけよう。
あと久々に「ぼくんち」読んだ。また泣いた。
情緒不安定な時にこれを読むとほんとに危ない。

・なにもない日はゆっくり寝れてしまってよくない。
どこかの誰かのように10時に寝て5時半に起きるというのもどうかと思うが。
久しぶりに朝走ってみるか。

・珍しく夕飯を作ってみた。
と言ってもざくざく切ってざくざく炒めただけだ。
すこぶる美味しい。俺は才能あるんじゃねぇかと妄想。

・またこっち主体で書いていこうかなと。
なんだかんだでだらだら続いてるし。継続は力なりよ、キテレツ。
[PR]
by cyanosis | 2006-02-13 21:33
バイト先でおにのお面を大量にもらいました。



どうしたもんか・・・


d0018753_2311834.jpg



d0018753_231337.jpg


「鬼面」って書くとなんか禍々しいな。
[PR]
by cyanosis | 2006-02-02 23:02